投稿者「PqdeqSfvHK45」のアーカイブ

輸入食品スーパーでアロマセラピー効果

Published / by PqdeqSfvHK45

普段の食生活の基本は地産地消でまかないたい、と思います。
買い物の際にも裏の説明をよくチェックして、できるだけ日本の国産原料の製品を買うようにしています。

ですが時折、お土産などとして外国産のお菓子などをいただく際には、そのエキゾチックさを大いに楽しむことにしています。
また私は学生時代から、輸入食品を多く扱う高級スーパーをじっくり見てまわるのが好きでした。
何かを買うわけではないのですが、ああいった類のお店に特有な香りを、胸いっぱいに吸い込むのが好きだったのです。

特に、お茶やスパイスのコーナーは、様々な香りが入り乱れており、ドキドキするような高揚感を味わったものです。
日本のカレールウとは全く違う、インドやネパール産のスパイスの小袋から沁み出る強烈な香り。
香水かと思えるほどに、かなりフェミニンな芳香がつけてある、ヨーロッパのフレーバーティー。

一回りして店を出る頃には、何だか落ち込んでいたことも嫌なこともすっきり忘れて、前向きな楽しい気持ちになっていたものです。
つまり私の場合、輸入食品店はアロマセラピーのような効果があったのでした。
現在の住まい近くにはそういったお店がないので、ちょっと寂しい気もします。

夫とスマホゲームのせいで喧嘩しちゃいました

Published / by PqdeqSfvHK45

今日は朝ねぼうしてしまいました。というのも、昨夜は夫と喧嘩をしてしまって、遅くまで言い合いをしていたからです。

原因はとってもつまらないこと。いつものように私が話をしている途中で夫がスマホゲームを始めてしまい、上の空で返事をするようになったことです。

一日に十数分、お茶を飲んでいる時間くらいは私の話をきいてくれたっていいと思うんですよね。家事はほとんど私がやっているんだし、夫は仕事から帰ったらゴロゴロしているだけなのに……。

何度も同じことで喧嘩になっているのに、夫も(もちろん私も)懲りないなあって自分でも呆れてしまいます。

結局いつも夫が「次からはちゃんと話をきくから」と謝ってくれて終わるんですけど、今回はまだ腹が立っていたので朝は見送ってあげませんでした。お弁当も作らなかったから、お昼はカップ麺でも食べているんだろうな。

本当に怒っているんですけど、そう考えるとちょっとかわいそうな気がしてきてしまうあたり、私って甘いのかもしれませんね。

困ったら鍋、困らなくても鍋

Published / by PqdeqSfvHK45

最近すっかり寒くなりました。朝晩は特に冷え込んで、ベッドから出るのがしんどいです。寒い季節は元々得意ではないので、冬になるとありとあらゆる手を使って寒さ対策をします。食事ももちろんそのうちの一つです。

とにかく鍋や鍋、あとは鍋など…もう鍋に次ぐ鍋です。家族に何と言われようが、ここは強気に押し通します。いやだって実際身体も温まるし、具材や味付けを変えればバリエーションも豊富だし、調理も簡単だし、理想的な献立だと思うんですよね。和風にも洋風にもエスニック風にもできるので、私自身は全然飽きないです。

主食も鍋に合わせる感じで、ごはんにしたり麺類にしたりパンにしたりします。鍋のいいところは、部屋まで温かくしてくれるんですよね。普通にキッチンで作ってお皿に出すだけだと、そうはならないじゃないですか。

まだまだあと2か月以上は寒い日々が続くでしょうし、なるべく鍋のレパートリーを増やして厳しい冬を乗り越えたいなと思います。

ベランダガーデニングに夢中

Published / by PqdeqSfvHK45

マンションのベランダのスペースを生かして、ガーデニングをやっています。
ベランダはとても広くて、半分は洗濯物を干すスペースにしています。

先日、友達の家にお邪魔したら、家庭菜園をやっていて、それがとても素敵だったので私もやってみようと思ったのです。

今まで植物を育てたことがないので、野菜にチャレンジするのはムリなので、とりあえず枯れにくいと言われている強いハーブ類をやっています。
ベランダからいつも見えるので、元気に育っていると嬉しくなります。

花屋さんへもよく行くようになり、コンテナや寄せ植えなどをチェックしています。
友達が来た時に見せると、みんなが褒めてくれるのでそれも励みになっています。
ハーブは、料理や盛り付けで使うので、家族にも好評です。

100円ショップでかわいいガーデニンググッズを見つけたり、本屋で植物の育て方の本を読んだりして、楽しくやっています。
自信がついたら、野菜にもチャレンジしてみたいと思っています。

カレーにスパイス

Published / by PqdeqSfvHK45

スーパーに買い物に行って、スパイスの棚を見ると種類の多さにびっくりします。

最近ちょっとスパイスにはまっています。
とはいっても、スパイスについて勉強したり、原産地にこだわるほどではありません。
単純に、キッチンにスパイスの瓶が並んでいるとなんかオシャレ!かっこいい気がする!と言った程度のはまり具合です。

それでもコツコツためて、スーパーにあるメジャーなスパイスはキッチンに並べてみました。
うん。幅をとる。でも何か整然としていて良いような気がする。

さてせっかく買ったので使わなければならない、と形から入る私はここに来て思い至ります。
とりあえず、スパイスと言ったらカレーでしょう。

記念すべきスパイス、最初の出番はカレーです。多分、炒める時にそれっぽいのを振ればいいのだろうとアバウトに料理を開始します。
クミン・ガラムマサラ・ナツメグ・ローリエ・クローブ・ターメリック。これでどうだと、適当に振りかけて、あとはいつものカレーと同じに作ります。

そして夕食。家族はふんだんに使ったスパイスに全然気づきませんでした。
私も「いつもより辛い気がする!」くらいにしか思いませんでした。
それでも時々ハンバーグにナツメグなんか入れてみようかなと思います。
それっぽければ料理は楽しい。ゆるゆるの生活です。

乳首が黒いということを数年ぶりに気付かされました

Published / by PqdeqSfvHK45

先日、忘れかけていた乳首へのコンプレックスを数年ぶりに思い出してしまいました。いや、もしかしたら忘れかけていたわけではなく、見てみぬふりをして自分は平気だと自己暗示をかけていただけなのかもしれません。

私の乳首へのコンプレックスは、黒いということです。そもそも人と比べることがなかったら一生気付かないものだとは思いますが、修学旅行や温泉旅行など、あらゆる場面で人と比べる機会はあるものです。自分の乳首が黒いというのは、高校時代の修学旅行ではっきりと自覚したのでした。

しかし、乳首が黒いからといって何かをできるわけではありません。大人になってから気休めに顔用の化粧水やクリームを塗ったくらいでは当然ですが変化はなく、むしろ大人になるにつれ乳首が黒くなっていっているような気もしました。

そんな自分でしたが幸いな事にまるごと愛してくれる男性と出会いめでたく結婚、念願だった第一子を昨年出産しました。乳首が黒い事なんて考えなくなっていました。

そんな中先日、赤ちゃんを友人に見せに行った時のことです。友人の子供が私の授乳現場を見るなり「黒いよ」と発したのです。一瞬何のことかわかりませんでしたが、その場面で黒いと思うのは私の乳首しかないと察しました。そこで久しぶりに、自分の乳首が黒いのだと改めてコンプレックスを思い出したのです。子供というのは残酷なもので、正直すぎました。

授乳が落ち着いたらちくび ピンクにする方法を再び模索しようと思います。

リンパ活性法

Published / by PqdeqSfvHK45

テレビで簡単むくみ解消法がやっていました。
リンパ管は身体の下水道の様な役割をしていて体中の老廃物を流してくれています。

心臓から血液が全身を巡る速さは約14分なのですが、リンパが全身をめぐるまでの時間はなんと約12時間だそうです!
その間、リンパの流れが滞ると老廃物が溜まってしまいます。
簡単な活性術は2つ。
足の裏でゴルフボール2個をぐるぐる回し刺激する。テーピングで8の字に固定させたり、子どもの靴下に入れて輪ゴムでとめるだけでもいいそうです。
たったそれだけ。
もうひとつはあおむけに寝て足を直角にあげ、つま先を伸ばしたり手前に曲げたりを繰り返します。
その後、脚を上げたまま交差させる。ゲストの方も結構きつそうにしていました(笑)が、下腹部などにも効きそうですよね。
足がむくんでいるときだけじゃなく疲れてだるい時なども効くそうです。

素敵ママ

Published / by PqdeqSfvHK45

あの名文句。「お母さんはハタチです」これまだ言ってるひといるんだろうなあ。うちの親も昔言ってたもんなあ。

これを言うという時点で、私歳とってます、みたいな。だから私は言わないようにしよう。子供に年齢聞かれても正直に言おう、と心に決めてます。

というのもそろそろ私も年齢が気になるお年頃。最近は若くして子供を産むママが多いから、子供の同級生のママも年下が多くてドキドキします。

できるだけ若く見られたいけど、あまり若い格好をしてると逆にイタイ人と思われるのも嫌だな・・・とか悩みます。

難しいですよね。最近の歌にはついていけないし、歳とったなーって思うこともしばしば。

最近の新入社員はみんな平成生まれだってーとか。最近のジャニーズはかっこいいと思うより、かわいいとか。もう息子くらいの子が出てきてもおかしくないもんね。
でも肌を綺麗にしていたり、身なりをきちんとしていればステキなママでいられるかな。そんなママを目指します。

ティーライフのいもっぱ青汁

Published / by PqdeqSfvHK45

青汁ってやっぱり体にいいみたい。テレビでも雑誌でもいつも取り上げられているし。
でも「まずい」ってイメージがどうしても消えない。そこそこの年齢の人なら知ってるあのCMのイメージがどうしても消えない。

私は野菜が苦手です。子供の頃から比べたら食べれるようにはなりましたけど、たぶん普通の人が食べる分すら食べていないと思います。

だから、青汁はめっちゃ気になっていました。野菜食べれないなら青汁くらい飲まなきゃ、そのうち病気になるかもって。
青汁を飲むには、結局は美味しいかどうか。この青汁もダメもとで試してみました。
で、その味はというと・・・ほんのり甘くて、苦くない。

飲みやすいかもしれない。でも野菜苦手な私にはやっぱり続かないかも~で、いろいろ試した結果、ヨーグルトに混ぜてみました。
そしたら抹茶味っぽくなって食べれる。
これなら食べれる。しかもヨーグルトと一緒ならもっと健康的。野菜パワーで元気になりましょう。